2005年01月29日

ラ・ノーチェ・フラメンカ

バイレがホセ・ガルバンを筆頭に、
パストーラ・ガルバン、カルメン・レイナなど豪華メンバーが競演。
バイレはもちろんのこと、踊りの曲の合間、合間に、
みんなで歌う曲が入っているのがこのDVDの楽しいところだ。
noche.jpg
まだカンテを勉強していない私。
でも、このDVDを見ると、すごく歌いたくなる。
こういうの、いつかやってみたいな・・と思う。

バイレは個人的にはパストーラ・ガルバンは好みだな。

ホセ・ガルバンを見ていると、
ちょっとした動きがすごく大切なこと、
動かないところを見せるのが粋だということ、
そこに立っているだけで「フラメンコ」だと感じさせる何か。
いろいろなものを感じられる。

今、教室で習っているガロティンは、
このホセ・ガルバンの振り付け。
こんなスゴイ方の振り付けだもの、
かっこいいにキマってる!感激ですっ!
ホセ・ガルバンが踊っているところを想像しながら、
・・・あ、ちょっとまった、
ホセは男だから、パストーラに変更!
パストーラが踊っているところも想像しながら、
粋にガロティンを踊れるようになりたいな、と思う。

【日記】
ガロティンは、小さいパーツが少しづつ繋がってきた。
まだ、体と頭がバラバラで、体がついていけていないけど、
慣れるまで体を動かすしかないね。

サパテアードの両足の「位置」に注意。
サパテアードは早いほど、近くに足をおいた方が良い。
でないと打ちにくいし、弱くなるんだね。
私は、一歩足を前に出したり、
動いたりするときの足がたしかに遠めだ。
それから強くゴルペを打って決めるとき、
足を後ろから持ってくるけど、
流れないようにしないと決まらない。ビタッ!!と止める!
あと、プランタが弱くなる。
全ての音がしっかり均一に出るようにするには、
とにかく練習、練習だね。自主練しなくちゃな。
posted by flu*fla at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。